自治体 ∩ PMO

私たちは、自治体向けPMOのリーディングカンパニーであり、発注者側に立った中立な立場での開発ベンダー統制を行うPMO運営に、豊富な実績があります。

自治体をはじめとする公共事業体には、民間の事業者にはない様々な特殊要件があります。業務要件が複雑で個別性が高い上に、制度改正による影響、短期間での担当者の異動、WTOに基づく調達の制約などが加わり、案件に参画し、求められる成果を出すことは容易ではありません。

私たちは産総研でのシステム開発の支援とPMOを通じて獲得したノウハウを包括フレームワークとして体系化し、それを活用することによって、政令市をはじめ多くの自治体業務の支援を実施してきました。

icon-check-square-o 産総研:基幹システム再構築支援

財務会計、人事・給与等の基幹システムの再構築の支援を行っています。開発規模は数十億円。主としてJavaとOSSベースでのフルスクラッチ開発と、パッケージをカスタマイズした開発です。

この開発では、情報系の研究部門を有する独立行政法人として、規範的な開発を行うことが求められていました。特に、所管省庁のルールだけでなく、様々な財務ルールを反映した内部情報系システムを構築するために、業務の可視化から、システムの要件定義、設計、開発までの一連の開発プロセスと成果物、アーキテクチャについて、発注側標準を定めました。

さらにPMOを組織し、定めた発注側標準に従った調達を行って、開発が進められるように支援を実施しました。ここで作られた発注側のための標準が、AIST包括フレームワークとして定式化され、以降の自治体のでのシステム開発に利用されています。

sstk_455162503_small
sstk_380664607_small

icon-check-square-o 政令市:福祉系システム再構築/情報共有基盤開発支援

福祉系システムの再構築とそのベースとなる情報共有基盤の開発支援を実施しています。開発規模は数10億円。主としてJavaとOSSベースでのフルスクラッチ開発です。

この開発では過去に起きていた特定開発業者への依存を排除し、主体的かつ調達効果を活かした開発・運用を行うことが求められました。そのために、AIST包括フレームワークを使って発注側の開発標準・開発基準書を定めるとともに、業務間でデータベース等を統合する情報共有基盤を設計・調達しました。その後の活動として、その基盤上に順次構築される業務システムの、調達とプロジェクト管理の支援を行うPMO活動を実施しています。

icon-check-square-o 都道府県:基幹システムオープン化支援

汎用機で動作していた、会計・給与等基幹システムのオープン化支援を実施しています。開発規模は数10億円。Javaによるフルスクラッチ開発とパッケージ開発が共存するものです。

この開発では、長期間続いてきた特定開発会社への依存を排除し、効果的な入札を可能にするために、AIST包括フレームワークのうち、開発プロセス、成果物標準及びシステム連携機能を活用し、業務システムの調達とPMOを支援しました。

sstkk_399996334_small
sstk_237449032_small

icon-check-square-o 中都市:基幹システムオープン化支援

汎用機で動作していた、国保等基幹システムの再構築の支援とそこで使用された情報連携基盤の保守を実施しています。この開発は、コスト圧縮のため基本的にはパッケージ開発が前提です。

特定ベンダーに依存せず、各業務ごとに最適なパッケージが選定できることを目的として、AIST包括フレームワークのうち開発プロセスと成果物標準を、業務間で共通の開発基準書として導入しました。現在は、導入した開発基準書を活用することで、さらなる業務システムの調達を行っており、弊社はPMOとしてプロジェクト管理の支援を実施しています。

icon-check-square-o 政令市:基幹システムオープン化支援

汎用機とIAサーバで動作していた住記・税・国保・福祉等の基幹システムのオープン化支援を実施しています。開発規模は百億円超。主としてJavaとOSSベースでのフルスクラッチ開発です。

この開発では、地場企業を含むマルチベンダーによる開発を発注者が主導できることを目的として、AIST包括フレームワークの範囲をさらに運用まで広げるとともに詳細化し、発注側のための開発基準書として導入しました。また、基盤システムを構築し提供しています。現在は、開発基準書及び基盤システムの保守・改修、各業務システムの調達支援及びPMOを実施しています。

sstk_203575852_small
sstk_323280824_small

icon-check-square-o 中央省庁:システム開発のための標準策定

大規模システム開発がしばしば失敗する現状を打破するために、大規模開発であっても確実に遂行できるようにする開発プロセスと成果物の標準の策定が必要とされていました。これに対し、AIST包括フレームワークを中央省庁向けにカスタマイズした開発標準を作成し、納めています。

Copyright © 2009-2016 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.