取締役陣のご挨拶

代表取締役社長 林 直樹

代表取締役社長 林 直樹

2009年に設立して以降、私たちはITを発注者側(=ユーザ企業側)が主体的に統制することを実現するフレームワークにより、いくつもの大規模システムの構築において、お客様への支援実績を築き上げてきました。
第二創業期を迎えている今、これまで培ったノウハウをベースとしながら、現在、軸となっている自治体向けの支援に加え、民間企業に向けた支援を積極的に展開する計画を立てています。
その方向性は、私たちがこれまで培ってきた「プロジェクトマネジメント」×「テクノロジー」×「フレームワーク」の3つ視点に関するスキル、ノウハウを結集し、ITを戦略的に活用したいお客様が抱えている様々な課題に対し、お客様と一体となって真正面から取り組み、真に実現したいビジネスを支援するというものです。
お客様の課題を理解し、自ら導き出した解決策をお客様にわかりやすく伝えるための「論理的思考」、関係者と調整を図りながら積極的に推進するための「ファシリテーション能力」、個人が持つスキル・ノウハウを体系化し横展開する「組織力」など、私たちが強みとする能力をさらに強化し、より一層お客様の課題解決に貢献していけるよう、全社一丸となって取り組んでまいります。

技術担当取締役CTO 片岡 啓司

技術担当取締役CTO 片岡 啓司

これまで主に技術分野に従事してきた私といたしましては、当社が持つプロジェクトマネジメント力の高さと同様に、技術力の向上にも力を注いでまいりたいと考えております。
幸いにも当社では、プロジェクトマネジメントや開発上流工程の場面でたくさんのご用命をいただいております。今後もますます顧客満足の水準を高める取り組みを行いつつ、開発力の向上にも積極的に着手してまいる所存です。
また、会社として開発工程での活躍の場を増やしていくということで、若手エンジニアの登用や成長促進にもつながるのではないかと期待している面もございます。今よりさらに開発分野の風通しを良くし、技術力を磨くことで今後起こりうる変化に柔軟に対応できる場をつくる。最終的には企画・計画から開発まで一貫してお客様の課題と向き合い、高い水準の満足をお客様に提供できる会社を目指したいと考えております。

技術担当取締役CTO 加藤 俊哉

技術担当取締役CTO 加藤 俊哉

創業時から社名に込められている「ピースミール社会工学=小さな変化の積み重ねで社会を変える」は、今後の当社においても不変のイデオロギーです。世の中では時代の変化と共に、働き方改革や、人的資源の活用など、さまざまな社会的イシューが生まれておりますので、そうした背景の中で生まれたお客様の「こうしたい」という要望に対し、ソフトウェア工学の観点で向き合い、課題解決する姿を理想像として邁進していきたいと考えております。
私自身、CTOの立場として追及してまいりたいのは、+αの価値創出です。お客様が抱える課題にIT技術の観点から切り込み、お客様が想定していなかった付加価値を提供していくこと。“モノづくり”よりも、「こんなこともできるんだ」という“コトづくり”によって、ビジネス・社会に変革をもたらすこと。システムをプログラムとして捉えるのではなく、システム工学全般を専門にするアカデミックな技術者集団になること。当社にはそれを実現する能力を持った人間が揃っておりますので、今後も全社一丸となり、日本全体ひいてはグローバル社会全体への事業展開を加速化していくことを目指してまいります。

Copyright © 2009-2019 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.