ご挨拶

予測できないビジネス変革の時代へ

ピースミール・テクノロジーは、今年で7期を迎え、札幌の新拠点も無事に1周年を迎えることができました。これもひとえに、お客様はじめパートナーと社員の皆さんに支えられてのことです。この場を借りて、改めてお礼申し上げます。

昨今はIoTや機械学習というキーワードを耳にすることが増えてきました。ここに来て、デジタルテクノロジーの技術トレンドが次の潮目に入りつつあるのを感じます。

これまでコンピュータ技術は、Augment (人間の知的能力の強化)方向とAutomation (人間の知的能力の代替)方向の2つの極を、振り子のように行きつ戻りつしながら進化してきました。昨年あたりまで注目されていたSNSはAugmentに、機械学習はAutomationに属します。技術トレンドの変化は、ビジネスやサービスに不連続な変革をもたらします。

代表取締役社長CEO林浩一

代表取締役社長 林浩一

pendulum_sstk_396652561_small2
今日の経営が共通に直面する最大の悩みのひとつは、予測できない技術革新が次々と起きる中で、どれほど大きなリスクがあったとしても、デジタルテクノロジーによる絶え間ないサービス刷新が求められていることではないでしょうか。

ピースミール・テクノロジー株式会社は、国内有数の研究所に由来する研究開発力と IT コンサルティング会社に由来するコンサル力の DNA を受け継いで生まれたデジタルイノベーション支援企業です。私たちは設立して間もない企業であるにもかかわらず、自治体向けのPMO、あるいは、大規模基幹システムの内製化支援など、大手のSI会社であっても難しい領域で実績を積み重ねて参りました。

これらを可能にしてきたのは、私たちに内在する、相対する複数の視点の組み合わせによって生み出される多様性と柔軟性だと私は考えています。研究開発等視点と業務コンサルの視点、発注側視点と受注側視点、大規模開発とアジャイル開発など、相反する視点が離れていればいるほど、未知の環境への適応力が大きくなります。ピースミール・テクノロジーは、これからもそのユニークネスである多様性と柔軟性を活かして、予測できないビジネス変革の時代を進む企業の皆様と共に歩み、より良い未来を創る一助になりたい考えです。

引き続きご助力とご指導のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

2016年8月
ピースミール・テクノロジー株式会社
代表取締役社長  林 浩一

Copyright © 2009-2016 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.