2015年8月27日、東京 青山ダイヤモンドホールにて開催される、ビジネスシステムイニシアティブ2015にて、弊社代表 林が次のタイトルにて講演をいたします。『丸投げでも内製でもない第三の方法「チェーン型開発」がビジネス起点のシステム刷新を可能にする』



ピースミール・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林 浩一、以下、ピースミール・テクノロジー)は、「システム開発研究センター(北海道札幌市)」を開設、2015年7月13日(本日)より稼働を開始します。これにより、同社の提唱するチェーン型(注1)のシステム開発方式を展開しやすくすることで、一層の普及拡大を図ります。



先端IT活用推進コンソーシアム(会長:鶴保征城 元IPAソフトウェアエンシニアリンクセンター所長、以下「AITC」)は、独立行政法人産業技術総合研究所、消防庁消防研究センター、九州IT&ITS利活用推進協議会の協力のもと、気象庁防災情報XMLなどの防災情報や、社会に存在する様々な膨大なデータを基に人々の日々の活動に結びつけるための実証プロジェクト「Project LA (Leads to Action = 知識を行動へ)」をこのたび完了し、その結果を2015年6月15日より一般公開することを発表します。



先端IT 活用推進コンソーシアム(会長:鶴保征城 元IPA ソフトウェア・エンジニアリング・センター所長、以下「AITC」)と九州IT&ITS 利活用推進協議会(会長:水上開、以下「QPITS」)は、相互の活動の価値向上と発展を目的に、アライアンスを締結し、両団体で連携・協力した活動を推進していくことを発表します。



ピースミール・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林 浩一、以下、ピースミール・テクノロジー)は、独立行政法人情報処理推進機構(以下、IPA)が公募した事業「地方自治体等における文字情報基盤適用評価」に参画し、札幌市で実施中の住民情報系基幹システム再構築において、文字情報を取り扱う共通基盤に「IPAmj明朝フォント」を導入した際の課題(自治体内外システムとの連携、業務時の文字の検索・入力、不要な外字発生の抑制、災害時の緊急業務)とその解決方法、ならびにその結果について評価しました。その技術ノウハウ・評価結果が設計書・報告書として、IPAサイト上(注1)で公開されたことを発表します。



ピースミール・テクノロジー株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:林 浩一、以下、ピースミール・テクノロジー)は、本日発売の書籍「大規模オープンシステム開発入門」(丸善出版)、ならびにその連動サイトによって、大手システム開発会社に頼らない大規模システム開発の手法として、包括フレームワーク(注1)を用いたグラスボックス化(注2)に基づく開発ノウハウを広く公開し、その展開と教育のためのサービスを開始したことを発表します。



先端IT活用推進コンソーシアム(会長:鶴保征城 元IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター所長、以下「AITC」)は、独立行政法人産業技術総合研究所、消防庁消防研究センターの協力のもと、気象庁防災情報XMLなどの防災情報や、社会に存在する様々な膨大なデータを基に人々の日々の活動に結びつけるための実証システムを構築するプロジェクト「Project LA (Leads to Action)」を開始し、またその結果をプロジェクト終了後に広く公開することを発表します。



先端IT活用推進コンソーシアム(会長:鶴保征城 元IPAソフトウェア・エンジニアリング・センター所長、以下「AITC」)は、これまで会員限定で共有されていた活動初年度(2010年9月~2011年8月)の活動成果資料を、本日よりAITCのウェブサイト(http://aitc.jp/)にて公開開始したことを発表します。


Copyright © 2009-2016 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.