【1月22日開催】プロジェクトマネジメント学会北海道支部記念講演会にて講演

2016年1月17日

2016年1月22日(金)、札幌にて、弊社代表の林が、「ピラミッド型開発からチェーン型開発へ: 日本型の内製化によってユーザ企業の真のニーズに応える」というタイトルで講演いたします。

icon-external-link https://www.spm-hq.jp/committee/hokkaido/


PM学会北海道支部記念講演会

【概要】
ユーザ企業のニーズとして、システム開発の丸投げをやめて、自ら内製化する可能性や、多重請負のピラミッド型の大組織でなく、小規模な組織によるアジャイル開発の採用などへの関心が高まっています。しかしながら、こうした取り組みの多くは、私たちがCIOT問題と呼ぶ困難に直面します。

img_tiger

これは開発するシステムが小さなうちは良いけれど、大きくなってくると、手に負えなくなってしまうということを意味しています。小さなシステムの内製は簡単ですが、大規模になると開発の統制がとれなくなります。アジャイル開発も規模が大きくなると慎重な適用が必要になります。

私たちは、AIST包括フレームワークを用いて、発注側に開発の標準を持たせることで、大規模になっても全体統制が取れる「チェーン型開発」モデルに取り組んできました。本講演では事例も踏まえこれからの新しい開発のあり方を展望します。

Copyright © 2009-2016 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.