【10月27日開催】 「日本型内製化を考えるセミナー」を開催

2015年9月25日

2015年10月27日、東京 神田のTKPセミナールームにて、弊社主催で「日本型内製化を考えるセミナー」を開催いたします(詳細はこちらから)。

弊社の提唱する「チェーン型開発」と、近年注目が集まっている「超高速開発」を題材に、変わりつつある企業の基幹システム開発の内製化のあり方について、考えていきます。会社の将来を担う基幹システムのあるべき姿を検討されている皆様にとって、有益な情報を得る絶好の機会となります。多くの皆様の参加を心よりお待ちしております。

▼こんな方におすすめです!
– 企業で情報システム企画・運用を担当されている方
– 情報システムの内製化を検討されている方
– SI会社への丸投げ以外の開発を模索されている方
– 情報システムのベンダーロックインをなんとかしたい方
– 超高速開発ツールの有効性を疑問視している方

▼こんなノウハウが得られます!
– システムのあるべき姿を描き経営の承認を得る手順
– 情報システム内製化の失敗を招く原因とその回避策
– SI会社を統制して本当に必要なものを作ってもらう方法
– 競争によって費用の高止まりを避ける分割調達
– 超高速開発ツールを適材適所で活用する方法

このセミナーは、株式会社ジェーエムエーシステムズ様株式会社ジャスミンソフト様の協力によって実現しました。日本企業にとって現実的な内製化という観点から、弊社代表によるチェーン型開発の紹介に加え、超高速開発をはじめ企業システムを広く手掛ける2社から、貴重な体験をご講演いただきます。

また、セミナー開催にあたっては、超高速開発コミュニティビジネスシステムイニシアティブ協会に後援をいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。

eyecatch

 

Copyright © 2009-2016 Piecemeal Technology, Inc. All Rights Reserved.